短期入所事業

短期入所事業とは?

病状が安定していて、病院への入院治療の必要はないが、医師による医学的管理のもと、
介護、看護、慢性期のリハビリテーションを受けて頂き、他のご利用者様と共に日常生活を送って頂きます。
夜間・日曜は医師不在ですが、必要があれば電話にて報告をして指示を仰ぎ、 しかるべき処置をさせて頂きます。
緊急時は病院への搬送をさせて頂きます。

●自立支援の一環としてパワーリハビリテーションを取り入れ、ご利用される方の体力及び動作の回復、向上をサポートさせていただきます。

短期入所療養介護(ショートステイ)料金表

単位:円

要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
介護保険1割負担分 794 841 906 961 1,014
滞在費   1,640      
日用品費・教養娯楽費等   200      
食事(朝食)   400      
おやつ代   100      
食事(昼食)   630      
食事(夕食)   590      
夜勤職員配置加算   26      
在宅復帰・在宅療養支援機能加算   36      
サービス提供加算   19      
1日当たりの合計 4,435 4,482 4,547 4,602 4,655

※日用品費:フェイスタオル・シャンプー・リンス・ティッシュ・ボディソープ・石鹸等

※教養娯楽費:レク材料費等

その他の加算費用について

単位:円

送迎加算(片道につき) 194 ※豊中市・大阪市淀川区以外の送迎は別途料金が必要
療養食加算 9/回 1日3回を限度とする。
個別リハビリテーション加算 253/日  
認知・痴呆症ケア加算 81/日  
介護職員処遇改善加算T    
*以下はご希望によりご利用して頂けます。
特別療養室(トイレ・洗面付) 1,500 ※1日当たり税込み
理美容代(1回あたり) 実費  
洗濯 (外部委託)
(1回あたり、施設指定の袋)
648  
クラブ活動費 実費  
テレビ 250 ※1日当たり当園からの貸し出し

介護負担割合2割の方。
市民税非課税世帯等の方について

単位:円

市民税非課税世帯等の方については、居住費(滞在費)及び食事等の提供に要する費用(食材料費)について、
市役所(区役所)に申請すれば減額されることがあります。
負担限度額 従来型個室 食費等の提供に要する費用
第1段階 490 300
第2段階 490 390
第3段階 1,310 650
基準費用額 1,640 1,620
※その他個別に費用が必要になることがあります。 詳しくはお問い合わせください。

入所時に必要な持ち物

この度、介護老人保健施設二葉園をご利用して頂くに当たり、必要な持ち物が何点かございます。お忘れ物ございませんよう、ご確認の程宜しくお願いいたします。

衣類

※枚数は多めにご用意お願い致します。洗濯につきましては、当園では1回648円(外部委託)でご利用いただく事ができます。

  • 普段着(動きやすい服装上下)
  • パジャマ、またはそれに代わる服上下
  • 下着(肌着、靴下等)数組
  • 靴1足(室内用。動きやすく、滑りにくい靴)

日用品

  • 洗面用具(歯ブラシ、歯磨き粉、プラスチックのコップ)
  • ティッシュペーパー(室内用に置くことを希望される場合はご用意お願い致します。)
  • ハンドタオル(洗面用として数枚)
  • めがね、補聴器、義歯など
  • 配茶用のコップ(居宅にて職員が定期的に配茶いたします。陶器は割れやすく危険ですのでプラスチックのものをおすすめします。)
  • 入浴時に衣服を持ち運びするための袋

常備薬

必ず日数分の薬をご持参下さい。(当園からはお出しできません。)
また薬の明細書(説明書)があれば併せてご持参下さい。

その他

  • 介護保険証・健康保険証・医療受給者証(それぞれのコピー)

注意事項

※入浴時に必要なバスタオル、ハンドタオルは施設にございます。

※貴金属、高価な装飾品、高額なお金の持ち込みはご遠慮ください。

※原則、食べ物(間食等)・及び刃物、針等の持ち込みはご遠慮ください。

※持ち物にはすべて氏名をお書きください。

※入所当日に契約の手続きがございますので、ご本人様とご家族様の印鑑をご持参ください。

↑ ページの先頭へ